横浜で建てよう自由自在な注文住宅

注文住宅を横浜で建てる場合は大手のハウスメーカーなどに依頼すれば企画型と呼ばれる予算や敷地の広さや向き、あるいは面積も合うものがすぐに用意できて工事も早く進むものです。しかし生活する前に合うと思って決めたものが実際に入居して生活しだすと差し支えが出て来てこんなはずではなかったということも少なくないものです。それはその人のライフスタイルに合わせて作られておらず、万人向きといった作りで建てられているためです。こういう場合には決まりもなく自由自在に予算に合わせて建てる方法があり通常自由設計とかフリープランとか呼ばれています。この方法なら狭小敷地であっても、又、将来の家族の姿がはっきりしない場合でも経済的な予算で融通性のある住宅を建てることが出来ます。

何を重視するのかコンセプトを決めることから始まります

注文住宅を横浜で建てたい場合には、数多くある要望の中から優先順位を付けて何が大切なのかをヒヤリングして聞き出すことから始まります。例えばコミュニケーションの上では壁のないリビングルームも広々として使いやすいものです。しかも木材をふんだんに使い、高気密・高断熱に作られているためにそれが可能になります。趣味や嗜好に基づき書斎もちょっとしたスペースを利用して設けることができ、仕事や作業スペースにもなります。断熱性は一方で湿気が籠りやすいという面も持っていますが、これには空気の通り道を設けることで解決します。現在では消費電力を抑える省エネの考え方は必須事項になっています。その点断熱材の重要性とその工法はポイントになります。クロスなどの接着剤には化学物質が含まれシックハウス症候群の原因にもなるとされますが、これは国産の木材や漆喰を使ったりすることで24時間換気も必要なくなります。

工事の各工程における検査も第三者機関に依頼

注文住宅を横浜で建てる場合には住宅品質が保証される必要があります。その為には厳しい検査が必要であり、自社の検査だけに任せていたのでは問題が残ることも多いものです。このような場合に効果を持つのは第三者機関の検査を受ける方法が適しているとされています。着工から引き渡しまでの期間多くの検査段階が設けられていますのでより良い検査が成され問題も残らないものになります。そして最近では検査の状況がネットを利用して閲覧したり確認できるようになっています。工事が完了すると住宅検査報告書が発行されますので将来的にリフォームを行ったり、あるいは売却を行う際にも安全性の証明書にもなります。又、設計図書などは紛失する恐れもありますが、図面や点検履歴もデジタルデータとして保存することも出来ますので年数を経ても必要なデータを確認することが出来ます。

女性に人気のあるおしゃれな賃貸住宅を特徴としています。 厚木市や藤沢市、 鎌倉市などガレージ付きの施工実績を写真と共に説明しています。 建築士から職人さんまで心を込め総合的にサポートしてくれます。 お問い合わせフォームから、気軽にご意見やご相談ができるようになっています。 インテリアコーディネーターや実際に現場で活躍ができる現場監督などの新しいスタッフの募集をしています! 横浜で注文住宅お考えのあなたへ